脳ドック

倒れてからでは遅い、脳の病気

一瞬で命を奪ったり、重度の後遺症をもたらす脳の病気。脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などでは、倒れてからの治療では遅く、未然に防ぐことが重要です。
脳ドックは、自覚症状のない脳の異常を早期に発見し、脳の病気の予防に役立てられます。

脳ドック検査概要

身体測定・各種検査
身長、体重、血圧を測定し、血液検査、尿検査を行います。
MR検査
MRI検査:磁気の力を利用して頭部の断面を画像化し、内部の様々な病巣を発見します。
MRA検査:頭部の血管を立体画像化し、動脈瘤や血管の詰まりなどを詳しく検査します。
心電図
心臓が全身に血液を循環させる時に発生する微弱な電流の記録を利用して、心臓病の発見や病状の把握を行います。
検査結果
MR検査結果は、当日医師による説明があります。各種検査の総合的結果は、報告書に記載の上郵送いたします。

健康診断料

脳ドック:20,000円 ※身体測定・各種検査/MRI検査/MRA検査/心電図が含まれます。