再生医療について

当院には、関節の痛みや靭帯・筋肉のトラブルでお悩みの方が数多く来院されます。
これらの症状に対する治療法は、湿布や飲み薬、注射、リハビリなどを組み合わせて行うのが一般的です。
変形や痛みが強い場合は、他院をご紹介し、手術により観血的に治療を行います。
「色んな整形外科や接骨院で治療してきたけど・・・」
「手術をするにはまだちょっと・・・」
患者様のお悩みは様々です。
再生医療は、ダメージを受けた組織に対して、身体が本来持ち合わせている回復能力を引き出すための治療法です。
上記の薬物、リハビリ、手術療法にかわる第4の治療の選択肢として注目されています。
詳細は「説明書」・「同意書」をご確認ください。

PFC-FDについて

当院では、ご自身の血液の成分を利用する、「PFC-FD」という治療を行います。
PFC-FDとはPRP(多血小板血漿)を活性化、無細胞化し、濃縮したものをさらにフリーズドライ化したものです。
血小板は、血管が損傷したとき損傷した場所に集まって止血をする働きがあります。その際、多量の成長因子を放出します。この成長因子には組織修復のプロセスを開始する働きがあります。血小板の放出する成長因子を使って、治りにくい組織の修復を促したり、早く組織修復を促す方法がPFC-FD療法です。PFC-FDには組織修復を促す働きはありますが、どのような組織を作るかについて指示する働きはありません。

対象となる疾患

・変形性膝関節症
・肩関節周囲炎(腱板損傷など)
・テニス肘
・捻挫などの靭帯損傷
・足底筋膜炎

 

※持病をお持ちの方など、一部PFC-FD療法をお受けできない場合があります。
 詳しくは、医師にご相談ください。

期待できる効果

・ 自己修復力を用いているので、自然な形で修復が期待できます。
・ 自己修復が難しいと言われる組織でも、修復を促すことができます。
・ 関節、筋、腱、靱帯、骨など運動器の大半に対して治療を行うことができます。

注意点

・ 自己修復力に依存しているため、上手く修復プロセスが働かないことがあります。
・ 一時的に痛みや炎症(熱感、赤み、腫れ)を伴うことがあります。
・ 感染症を起こしている場合は治療できません。

治療の流れ

1.採血

  静脈血49㏄を採取します

2.作成

  特定細胞加工物製造許可という厚労省の認可を取得している施設に患者様の血液を搬送しPFC-FDを作成します

3.注射

  作成されたPFC-FDを注射します。


費用(全て税込み金額です)

PFC-FD療法は保険適用外の治療です。
そのため費用は、自己負担となります。

PFC-FD注射(片ひざ・腰・肩・肘) 
¥198,000⇒¥165,000

PFC-FD注射(両ひざ)      
¥396,000⇒¥330,000

※感染症検査で陽性反応が出た場合  ¥15 ,000

血液採取を行い、感染症検査(HIV・HBD・HCV・梅毒・HTLV‐1)で陽性反応が出た方は、治療を受けていただくことはできません。その場合、検査費用(¥15,000-)のみご負担いただき、残額を返金致します※のであらかじめご了承ください。