院長あいさつ

院長ごあいさつ

院長写真

院長の小椋 研と申します。
大学卒業後、乳幼児を専門とする病院から地域の基幹病院、大学病院など、数多くの病院で研鑽を積んで参りました。これまでの数々の経験を活かし、専門のスタッフと共に最新鋭の機器を用いてあらゆる年代の患者様に迅速な診断と最善の治療を提供させていただき、地域医療に貢献できるよう全力を尽くしていく所存です。

近年スポーツ愛好家も増加し、それに伴う障害も増加しております。私自身、中学時代に硬式野球、大学時代にアメリカンフットボールを経験してきました。これまでのスポーツ現場で得た知識を結集し、スポーツ傷害を治療することだけでなく、傷害と向き合い、付き合っていく為のサポートや、これまで以上のパフォーマンスを発揮できるように動作改善を図り、120%の状態で競技に復帰できることを目標に治療をさせていただきます。
地域のお子様からお年寄りまで 皆様が笑顔で元気に暮らすお手伝いをさせていただきます。


診療について(取り扱う主な疾患)

外傷:
打撲・捻挫・骨折・脱臼・裂傷・靭帯損傷・筋損傷(肉離れなど)

変性疾患:
首・肩・腰・股関節・膝など、痛みを伴う関節の変形 その他: 肩こり・背中の痛み・腰痛など 症状が軽くても、まずはお気軽にご相談ください。


医師

院長 小椋 研(オグラ ケン) 
略歴
平成10年3月 
 埼玉医科大学卒業
平成14年3月 
 横浜市立大学医学部大学院修了

横浜市立大学附属病院 勤務
神奈川県立総合療育相談センター勤務
平塚共済病院勤務
藤沢湘南台病院勤務
国立横浜医療センター 勤務
湘南記念病院勤務

所属学会・資格
医学博士
整形外科専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本整形外科学会認定スポーツ医
義肢装具等適合判定医
JリーグSC相模原 チーフドクター
府中アスレチックス チームドクター
カ・ラ・ダファクトリーAPパイレーツ チームドクター